堀場製作所、上海工場を21年稼働へ

分析・計測機器大手の堀場製作所は27日、上海市嘉定区に燃料電池やバッテリーの計測試験ラボの機能を備える新工場を建設すると発表した。12月に着工し、2021年6月の稼働を目指す。投資額は約90億円。中国で新エネルギー車(NEV)の開発が加速する中、自動車メーカーや自動車部…

関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

輸入ビールで日本は9位後退、1位は米国(18:19)

新型コロナ感染者37人増、国内症例は30人(18:34)

ヤンロードとGIC、中国の住宅開発で提携(17:14)

輸出が回復、7月は6%減に 製造品は5月に底打ち(08/06)

供給網再編で東南ア増強へ 補助金制度、「脱中国」は限定的(08/06)

テイクオフ:中国で誕生日にケーキを…(08/06)

大湾区主要都市を鉄道で接続 全長5700キロ、域内一体化に弾み(08/06)

半導体企業を減税で優遇、育成を加速(08/06)

太陽光発電事業の落札者、エネ省が近く発表(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン