堀場製作所、上海工場を21年稼働へ

分析・計測機器大手の堀場製作所は27日、上海市嘉定区に燃料電池やバッテリーの計測試験ラボの機能を備える新工場を建設すると発表した。12月に着工し、2021年6月の稼働を目指す。投資額は約90億円。中国で新エネルギー車(NEV)の開発が加速する中、自動車メーカーや自動車部…

関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国業務に復帰して1カ…(05/12)

中国寄せ付けず、5年超の差 半導体をつくる島の未来(2)(05/12)

「来港易」は外国人も対象に 本土居住者の隔離免除、長官明言(05/12)

人口14.1億人に増加 20年版国勢調査、高齢化が進行(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

反不正当競争法の執行強化、営業秘密保護で(05/12)

中国へのマンゴー輸出開始、初回は100トン(05/12)

脱貧困県から農産物調達、農村振興へ(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン