〔雨季乾季〕「最後のマラヤ共産党員」祖国帰還で波紋

「最後のマラヤ共産党員」と呼ばれた故オン・ブーンファ(陳平、チンペン)氏の遺灰がこのほど、タイ・バンコクから祖国マレーシアに持ち込まれたことが波紋を呼んでいる。スター(電子版)などが伝えた。 旧与党連合・国民戦線(BN)統一マレー国民組織(UMNO)のイスマイ…

関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:政府による2週間の活動…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

活動制限令、きょうから強化 営業や通行の時間帯を制限(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

従業員リストの変更許可、日本人商工会が要請(04/01)

首都中心部の高層住宅、コロナ急増で封鎖(04/01)

新たに140人確認、感染者2766人に(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

RM1=25.2円、$1=4.31RM(3月31日)(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン