武漢の5G基地局数、国内3番目の規模に

湖北省武漢市で第5世代(5G)移動通信システム向け基地局の建設が進んでいる。武漢市経済情報局によると、11月までに市内で整備された5G基地局は5,800カ所に上り、目標(1万カ所)の半分を超えた。中部では最も多く、中国国内でも3番目の規模という。27日付湖北日報が伝えた…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン5種、6月までに緊急使用許可へ(21:32)

3月CPIは0.4%上昇、3カ月ぶりプラス(17:01)

スマホの小売価格上昇へ 部品不足深刻で、2Qからも(04/09)

FII、中国山西工場に生産ライン新設(04/09)

「回港易」スキーム、広東以外にも拡大検討(04/09)

ネットワーク費用引き下げへ、常務会議(04/09)

ハノイ都市鉄道2A号線、30日開業予定(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン