【タイ政治社会の潮流】「半分民主主義」から「半分軍部主義」への後退

第312回 「シーサオ・テーウェート邸」という言葉を聞いてピンとくる方は、タイの社会に相当詳しいと言えるかもしれない。バンコクのドゥシット区のシーアユッタヤー路に位置するこの館は、古くはサリット元帥(1908~63年)ら陸軍幹部が公邸として使用してきた。ただ、現在のバン…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

市中感染者2251人、制限緩和を検討(14日)(05/14)

長城汽車、タイ参入モデル「ハーバル」公開(05/14)

eスポーツが急拡大の兆し 巣ごもりで拍車、雇用創出期待も(05/14)

市中4871人で最多、刑務所で集団感染(13日)(05/14)

EV充電シャージ、市場規模490億円を予測(05/14)

物流JWD、1Qは50.6%の増益(05/14)

工業団地WHA、公益好調で1Qは38%増益(05/14)

不動産AP、低層住宅好調で1Qは7割増収(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン