萱島酒造、越向け輸出5万本 ベトナムに集中で販路開拓を推進

「西の関」ブランドの日本酒を展開する萱島酒造(大分県国東市)が、ベトナムで販路を着実に拡大している。ベトナムには2014年から10種類の日本酒を輸出。販売数は年間約5万本に達している。同社5代目社長の萱島進氏は、ベトナムに集中し、独自に販路を広げていくことで地元の消…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

サントリー、茶飲料で存在感 越の健康志向、日系の挑戦(下)(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

現代自が新工場、5年後に年産17万台体制に(09/22)

ホンドゥク自動車、ハナム省で工場が着工(09/22)

港湾企業の業績堅調、新型コロナの影響小(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

PPP道路案件、利益率を通達で規定へ(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン