萱島酒造、越向け輸出5万本 ベトナムに集中で販路開拓を推進

「西の関」ブランドの日本酒を展開する萱島酒造(大分県国東市)が、ベトナムで販路を着実に拡大している。ベトナムには2014年から10種類の日本酒を輸出。販売数は年間約5万本に達している。同社5代目社長の萱島進氏は、ベトナムに集中し、独自に販路を広げていくことで地元の消…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

デュシタニ、越のケータリング会社を買収へ(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン