• 印刷する

航空社格付け上位10社、豪NZから3社入り

オーストラリアの航空会社格付けサイト「エアライン・レーティングス・ドットコム」が発表した、「世界の航空会社ベスト20」で、上位10社にオーストラリアとニュージーランド(NZ)から3社が入った。1位はNZ航空で、オーストラリアのカンタス航空が4位、ヴァージン・オーストラリアが10位だった。一方、日本の全日本空輸(ANA)は3位に入り、日本航空(JAL)は13位だった。

エアライン・レーティングスは、機材の年数や利用者による評価、利益性、労使関係など12点の基準について評価した。

NZ航空は今回で過去最多となる6度目の1位。エアライン・レーティングスは1位としたNZ航空について、イノベーションに注力している点や、運航の安全性、環境問題への配慮で業界をリードしていることなどを評価したとしている。NZ航空はほかに、プレミアム・エコノミー席の提供で最良との評価を受けた。

4位のカンタスは、国内線サービス部門とラウンジ部門で最良の評価を得ている。同社は、顧客評価では常に1位の評価を受けているという。一方、10位のヴァージン・オーストラリアは、エコノミー席部門で1位となった。キャビンのスペースが他の航空会社よりも広い点が評価された。また、キャビン・アテンダント部門でも1位だった。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアのオフィ…(04/14)

豪の企業景況感、過去最高に 給与補助金終了後も堅調見通し(04/14)

豪人の国内休暇支出、経済75億$押し上げ(04/14)

コロナで豪事業機会拡大、新規契約100億$に(04/14)

JAL、5月に成田発メルボ着便を週2運航(04/14)

カンタス国際線再開に影、ワクチン目標棚上で(04/14)

豪で2人目の血栓例、アストラワクチン関連(04/14)

3月全国求人24万件、過去12年で最高(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン