• 印刷する

ビナミルク、日本産原材料使った製品を発売

ベトナムの乳業最大手ビナミルクは24日、新たに開発した子ども向け乳製品を発表した。製品には日本やスイス、デンマークから輸入した原材料が使用されている。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が26日に伝えた。

新たに開発した「YOKO GOLD(よこゴールド)」は、850グラムと350グラムの粉乳タイプと紙パック飲料タイプの2種類が販売される。原材料には日本から輸入した整腸作用のあるガラクトオリゴ糖やタウリン、カルシウムのほか、スイスから輸入したドコサヘキサエン酸(DHA)、デンマークから輸入したビフィズス菌などが使用されている。

同社エクゼグティブ・ディレクターのファン・ミン・ティエン氏は、「子どもたちの成長や多くの家庭の健康を守るために、今後も高品質な栄養食品の開発を手掛けていく」と述べた。同社の製品は、日本や米国、シンガポールなど世界40カ国以上に輸出されている。


関連国・地域: ベトナム日本欧州
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

対中国、「協力と闘争」維持 外相電話会談、領海問題でクギ(04/19)

米、駐ベトナム大使に日韓担当高官を指名(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

ホンダ現法新社長に三原氏(04/19)

ビングループ、ハティン省に自動車工場計画(04/19)

ワクチンパスポート準備、政府決議で指示(04/19)

ロッテリアが越から撤退か、業績低迷(04/19)

ハイネケン、販売業者に反競争的取引指示か(04/19)

食品ヌティフード、スウェーデンに研究施設(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン