• 印刷する

英基準満たす外装材耐火試験施設、東南ア初

マレーシア工業研究所(シリム)傘下の試験・認証会社シリムQASインターナショナルはこのほど、スランゴール州フルスランゴールの既存施設内に建物の外装材料の耐火試験施設を設置した。英国の外装材料耐火基準「BS8414」を満たす試験施設としては、東南アジア初となる。25日付サンが伝えた。

今後、消防救急局が外装材料を認可する際、同施設で耐火試験を行う。また、外装材料メーカーが品質向上のため、施設で実験することも可能だ。

モハド・アザヌディン最高経営責任者(CEO)によると、試験から認可までのワンストップ式耐火試験施設となり、同規模のものは世界でも10カ所ほどしかないという。また、世界水準に準拠して審査するため、他国からの試験依頼にも対応できるとみている。

アザヌディンCEOは、試験サービスを先にシンガポールとフィリピンで売り込んだ後、インドネシアやタイ、インドにも展開し、域内のハブ化を目指す。中国とは戦略的提携を通じて、事業拡大を検討しているという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造建設・不動産サービス

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染2605人、2日連続2千人台(16:51)

野村アセット、ESGシャリアファンド発売(17:49)

インフレ抑制でタスクフォース、閣議決定(17:02)

マハティール氏、次期総選挙出馬に意欲(17:01)

テイクオフ:先日ペナン州で生まれ育…(06/30)

セルコムとDiGiの合併承認 市場シェア4割超で携帯最大手に(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン