東南アジア経済に底打ちの兆し 7~9月期GDP、4カ国で加速

東南アジア経済に底打ちの兆しが見えてきた。主要6カ国の2019年7~9月期の実質国内総生産(GDP)成長率は、域内4カ国で前四半期より加速。エコノミストからは、年末にかけてゆるやかに回復していくとの見方が出ている。20年通年については、国によってまちまちだが、全体的…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(19:26)

農作物商社オラム、2部門に分割(19:26)

複合ケッペル、印の廃棄物発電に技術提供(19:25)

複合セムコープ、中国での廃水不法投棄で罰金(19:25)

野党書記長、次期総選挙で国民の不満くみ上げ(19:25)

テイクオフ:旧正月(春節)を控え、…(01/20)

輸出が10カ月ぶりプラス成長 アジア景気、持ち直しの兆候(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

温暖化防止の「建設宣言」、アジア初署名(01/20)

MRT東海岸線、第2区6駅が年内開業(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン