「脱資源」目指す中東に商機 韓国財閥、インフラ期待高まる

韓国大手財閥が、中東市場の開拓に再び動き出した。サムスングループはサウジアラビアの大型都市開発に参画。現代自動車も同国の国営石油会社サウジアラムコと水素エネルギーで協業関係を構築した。資源国からの脱却に向けて投資が加速する市場で、インフラ開発や新産業の育成需要…

関連国・地域: 韓国中東
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

テイクオフ:2019年9月、スクー…(06/01)

物流センターで集団感染 防疫対策おざなり、遠のく収束(06/01)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(06/01)

5月企業景況感は53、コロナで不振続く(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

ミャンマー国際航空、ソウル貨物輸送を拡大(06/01)

日産が年内で韓国事業撤退、販売低迷受け(06/01)

起亜自動車、南部工場拡張に58億円投資(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン