「脱資源」目指す中東に商機 韓国財閥、インフラ期待高まる

韓国大手財閥が、中東市場の開拓に再び動き出した。サムスングループはサウジアラビアの大型都市開発に参画。現代自動車も同国の国営石油会社サウジアラムコと水素エネルギーで協業関係を構築した。資源国からの脱却に向けて投資が加速する市場で、インフラ開発や新産業の育成需要…

関連国・地域: 韓国中東
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国ティーウェイ、ビエンチャン便開設へ(12/12)

テイクオフ:ある日はチグルチグル、…(12/12)

発電用パーム油を日本へ輸出 来年から年30万トン、3社が覚書(12/12)

中小の52時間制に1年猶予 企業負担を考慮、例外規定拡大も(12/12)

日医工出資のバイオ製薬社、ユニコーンに(12/12)

現代タインコン11月の販売、19%増の7600台(12/12)

サムスン、中国で乳がん治療後続薬の治験へ(12/12)

20度予算成立、日本の貿易措置対応に重点(12/12)

19年上期の乗用車輸出、現代が首位で10万台(12/12)

10月就業率、23年ぶりの高値も40代は低下(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン