• 印刷する

デルタ、森美術館に8Kプロジェクター提供

デルタの8Kプロジェクターを使用した作品(同社提供)

デルタの8Kプロジェクターを使用した作品(同社提供)

台湾の電源ユニット製造大手、台達電子工業(デルタ・エレクトロニクス)はこのほど、東京・森美術館に同社の8Kプロジェクターを提供すると発表した。同プロジェクターの運用は初めて。日本の有名美術館への導入を契機に、テーマパークや天文館、商業施設などへの販売拡大を目指す。

19日に始まった展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」への協賛を通じて、導入された。

デルタはロンドンに拠点を置くアーティスト、メモ・アクテン氏の作品に、世界初の8K DLPプロジェクター「インサイト・レーザー8K」を提供した。同プロジェクターは傘下でハイエンドプロジェクターを手掛ける英デジタル・プロジェクションと共同開発。展覧会では3,300万画素の高画質を280インチの大画面で体験できる。

デルタの創業者、鄭崇華氏は「8KはHDの16倍以上の解像度を持ち、鮮やかな色合いを表現することができる。デルタの技術を用いて未来の芸術の在り方などをアピールしたい」と期待を寄せた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

7月の輸出1.5~4%減へ、財政部予測(18:28)

新型コロナ感染者、5日連続ゼロ(18:28)

テイクオフ:通勤ルートに最近、下着…(07/08)

6月輸出は前年比3.8%減に 電子・通信の伸び継続が好材料(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

華為、聯発科技のスマホチップ調達拡大(07/08)

TV用パネルが値上がり、7月に1割上昇も(07/08)

聯強、豪ブリスベンで運営センター用地取得(07/08)

6月の二輪車販売、2カ月連続プラス(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン