• 印刷する

現代自、米で次世代SUVコンセプト発表

現代自がLAモーターショーで公開したSUVコンセプトカー「ビジョンT」(同社提供)

現代自がLAモーターショーで公開したSUVコンセプトカー「ビジョンT」(同社提供)

韓国の完成車大手、現代自動車は20日(現地時間)、米国ロサンゼルスモーターショー(LAモーターショー)で次世代スポーツタイプ多目的車(SUV)のコンセプトカー「ビジョンT」を公開した。

ビジョンTは現代自のデザイン理念「センシュアス・スポーティネス(感性を与えたスポーティーさ)」を体現した7番目のコンセプトモデル。同社のイ・サンヨプ専務は「現代自固有の革新的なデザインで、感性的な価値を加えた」と説明した。プラグインハイブリッド車(PHV)として開発していく。

現代自は世界で需要が高まるSUVのラインアップ拡大に力を入れている。2018年12月にサンタフェの上位モデルとして新型「パリセード」を市場に投入。今年はインドなど新興市場向けの小型SUV「ベニュー」を新たにラインアップに加えた。

ビジョンTをベースに開発する車両が全く新しいモデルになるかどうかは不透明だが、現代自のSUVにかける意欲が見て取れる。

同社はまた、カーレース向け高性能モデルのコンセプトカー「RM19」のほか、環境対応車ブランド「IONIQ」の2020年モデルも同モーターショーでお披露目した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独メルク、平沢に半導体素材センター開設(19:59)

脱北者もコロナで急減、4~6月は12人(20:03)

テイクオフ:韓国で1日から自動車の…(07/02)

輸出が3カ月連続2桁減 半導体は横ばい、改善の兆し(07/02)

新型コロナ感染者、51人増の1万2850人(07/02)

ソウル市、外国人にも緊急支援金給付か(07/02)

金輸出が停止状態、LC決済に嫌気で(07/02)

6月企業景況感は56、コロナ不振から改善(07/02)

韓国デウォン、ハノイ韓国人学校の増築受注(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン