海外派遣労働者、失踪率の高さが依然悩み

ベトナム労働・傷病軍人・社会事業省外国労働管理局の統計によると、2018年には14万6,000人余りが海外労働派遣されたが、依然として失踪者の比率が高く、派遣仲介企業を悩ませているという。17日付トイバオキンテー電子版が報じた。 従来主要な派遣先だった台湾では現在、ベトナム…

関連国・地域: 台湾ベトナム日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ニッコー、コロナ禍中の挑戦 北部ハイフォンでホテル運営開始(08/04)

新型コロナの感染防止対策、北部で強化(08/04)

ハノイメトロ3号線延伸、国会承認向け準備(08/04)

【ラオス経済通信】20年のGDP成長、3.3~3.6%に下方修正 第151回(08/04)

ベトジェット、4~6月は1.1兆ドンの赤字(08/04)

韓国人192人、ノイバイ国際空港から入国(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン