• 印刷する

テイクオフ:結婚年齢が若い当地の人…

結婚年齢が若い当地の人たちは、どうやって相手を見つけているのか。気になって現地の知人に聞いてみると、パートナーとの「出会い」の3大きっかけは同級生、友達の友達、同僚らしい。交流サイト(SNS)を使う人はまだ少ないという。

敬虔(けいけん)なカトリックという宗教上の理由もあってか、出会い系アプリやSNSを使った「遊び相手」探しも、一部に限られているようだ。恋人や結婚相手は所属するコミュニティーで認められることが望ましいようで、それが抑止力になっているという。

日本ではここ数年で、健全・不健全含めマッチングアプリが急増した印象がある。形態は異なるが、「学生限定」を売りにしたSNS「ひま部」も人気だった。だが、そのひま部は若年層の性犯罪が増えたことから、年内でサービスを終了することになった。「SNS活動」が少ない当地でも、安易な「出会い」にはご用心。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボトル再生工場、1月着工 コカ・コーラ、東南ア初(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

11月の物価上昇率1.3%、6カ月ぶり加速(12/06)

製造業活性化に300億ペソ必要、貿産省(12/06)

証取の清算子会社、英社の決済システム導入(12/06)

10月の失業率4.5%に低下、統計庁(12/06)

10月の工業生産、11カ月連続で前年割れ(12/06)

ボホール空港の運営保守、投資額は38億ペソ(12/06)

〔ミ島通信〕日本が技術支援、道路整備事業(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン