• 印刷する

テイクオフ:結婚年齢が若い当地の人…

結婚年齢が若い当地の人たちは、どうやって相手を見つけているのか。気になって現地の知人に聞いてみると、パートナーとの「出会い」の3大きっかけは同級生、友達の友達、同僚らしい。交流サイト(SNS)を使う人はまだ少ないという。

敬虔(けいけん)なカトリックという宗教上の理由もあってか、出会い系アプリやSNSを使った「遊び相手」探しも、一部に限られているようだ。恋人や結婚相手は所属するコミュニティーで認められることが望ましいようで、それが抑止力になっているという。

日本ではここ数年で、健全・不健全含めマッチングアプリが急増した印象がある。形態は異なるが、「学生限定」を売りにしたSNS「ひま部」も人気だった。だが、そのひま部は若年層の性犯罪が増えたことから、年内でサービスを終了することになった。「SNS活動」が少ない当地でも、安易な「出会い」にはご用心。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン