• 印刷する

IMD世界人材ランク、初のトップ10入り

スイスの国際経営開発研究所(IMD)が発表した「世界人材ランキング2019」で、シンガポールは世界10位となり、初めてトップ10入りした。アジアで10位内に入ったのは同国だけだった。

ランキングは63カ国・地域を対象に人材の育成や誘致、質・競争力を比較。「人材への投資・育成」「アピール(自国で育った人材を維持し海外の人材を誘致する能力)」「レディネス(人材の質・競争力)」の3部門で評価している。

シンガポールはレディネスが1位となり、順位が前年の13位から3ランク上昇した。経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査(PISA)でシンガポールの生徒が好成績を残したことなどが評価された。人材への投資・育成は25位、アピールは20位だった。

1位はスイス、2位はデンマークで、前年と変わらず。スウェーデンは8位から3位に浮上した。以下、オーストリア、ルクセンブルク、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、オランダ、シンガポールの順でトップ10に入った。

アジアでは香港が15位で、シンガポールに次ぐ順位。日本は6ランク低下の35位だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

閣僚の給与削減、肺炎最前線の公務員に賞与(02/28)

電気通信工事ミライト、地場企業を買収(02/28)

山田コンサル、地場同業と業務提携(02/28)

農産物商社オラム、19年は62%増益(02/28)

通信会社サークルズ、人員削減を進行(02/28)

【CSRの今】食品廃棄物を2年で4割削減 仏アコー、AI・再分配活用で(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

米商工会の7割超、新型肺炎で減収予測(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン