• 印刷する

テイクオフ:江戸時代に前野良沢や杉…

江戸時代に前野良沢や杉田玄白らが翻訳した「解体新書」は、ときどき東京の古本屋で売りに出ている。簡単なオランダ語の辞書しかない時代に何年もかけ翻訳した書物で、状態などがよければ価格は国産乗用車が買えるくらいはする。「もし宝くじが当たったら購入しよう」などと夢想している。

現在、中国関係の記事の編集業務を東京で担当している。現地の記者が執筆した記事をネット上の中国語ニュースと見比べながら、内容に間違いがないかどうかをチェックするのが業務の一つだ。

仕事で中国語に接するのは約10年ぶり。自動車や家電といった身近な製品は、単語の意味を連想しやすい。しかし最新の金融やIT関係の中国語は辞書にも載っておらず、意味を調べるのに1時間近くかかることも珍しくない。解体新書と比べものにならないと知りつつ、先人の苦労を思い浮かべる。(共)


関連国・地域: 中国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

Jパワー、豪再生可エネ企に2500万$出資(18:37)

日系が事業強化続々、NECや富士ゼ、NTT(18:37)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(08/04)

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

ニッコー、コロナ禍中の挑戦 北部ハイフォンでホテル運営開始(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

ココイチが1号店オープン 日本の味提供、外食の回復見据え(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン