• 印刷する

産業相が日韓訪問、両国で50億ドルの投資へ

インドネシアのアグス・グミワン産業相は16~20日、日本と韓国を訪問し、インドネシアへの投資を計画している企業の幹部と会談する。10月に産業相に就任したアグス氏の海外訪問は初めて。面会した企業からの投資額は合わせて50億米ドル(約5,450億円)に上る見込み。

産業省の広報官によると16日に日本に到着したアグス氏は18日、日本製鉄、日本触媒、AGC(旧旭硝子)、三菱自動車、トヨタ自動車、スズキ、いすゞ自動車、ホンダの幹部と個別に会談した。19~20日には韓国を訪問し、バッテリーメーカーのLG化学、化学大手ロッテ・ケミカル、鉄鋼最大手ポスコ、財閥SKグループ、現代自動車などの経営陣と会談する。アグス氏は「日本と韓国からの投資規模は大きく、早急に投資が実現されるよう見守る必要がある」と述べた。

ロッテ・ケミカルは35億米ドルを投じてバンテン州チレゴンに総合石油化学コンプレックスを建設中。日本触媒は、チレゴン工場でアクリル酸の年産能力を現在の14万トンから24万トンに引き上げる工事を進めている。投資額は約2億米ドル。トヨタ自動車や現代自動車は電気自動車(EV)の開発・生産拠点を設けるとみられている。

三菱自動車の益子修会長(左)と会談したアグス産業相(同省提供)

三菱自動車の益子修会長(左)と会談したアグス産業相(同省提供)


関連国・地域: 韓国インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

有料化で消費3分の1に減少 首都、7月からレジ袋禁止(下)(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

新規感染者数2657人、西ジャワでクラスター(07/10)

ダイハツ、1~6月の小売台数5.3万台(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

労相、中国人労働者500人の入国で国会説明(07/10)

ライオンエア元従業員、解雇補償求めデモへ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン