• 印刷する

産業相が日韓訪問、両国で50億ドルの投資へ

インドネシアのアグス・グミワン産業相は16~20日、日本と韓国を訪問し、インドネシアへの投資を計画している企業の幹部と会談する。10月に産業相に就任したアグス氏の海外訪問は初めて。面会した企業からの投資額は合わせて50億米ドル(約5,450億円)に上る見込み。

産業省の広報官によると16日に日本に到着したアグス氏は18日、日本製鉄、日本触媒、AGC(旧旭硝子)、三菱自動車、トヨタ自動車、スズキ、いすゞ自動車、ホンダの幹部と個別に会談した。19~20日には韓国を訪問し、バッテリーメーカーのLG化学、化学大手ロッテ・ケミカル、鉄鋼最大手ポスコ、財閥SKグループ、現代自動車などの経営陣と会談する。アグス氏は「日本と韓国からの投資規模は大きく、早急に投資が実現されるよう見守る必要がある」と述べた。

ロッテ・ケミカルは35億米ドルを投じてバンテン州チレゴンに総合石油化学コンプレックスを建設中。日本触媒は、チレゴン工場でアクリル酸の年産能力を現在の14万トンから24万トンに引き上げる工事を進めている。投資額は約2億米ドル。トヨタ自動車や現代自動車は電気自動車(EV)の開発・生産拠点を設けるとみられている。

三菱自動車の益子修会長(左)と会談したアグス産業相(同省提供)

三菱自動車の益子修会長(左)と会談したアグス産業相(同省提供)


関連国・地域: 韓国インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

第一生命、経営者保険販売でりそな銀と提携(12/06)

再生可能エネ発電、25年に全体の23%へ(12/06)

外貨建て輸出入額の報告義務化、20年から(12/06)

ガルーダ航空社長を解任、バイク密輸か(12/06)

MRT、コタまで延伸すれば乗客数倍増(12/06)

国内線の航空運賃、月~木曜に3割減へ(12/06)

LRT東ブカシ駅の集合住宅、22年引き渡し(12/06)

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン