国際裁判所に告訴相次ぐ、ロヒンギャ問題で

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの問題に関して、国際社会ではミャンマーを国際裁判所に告訴する動きが相次いでいる。大統領府のゾー・テイ報道官は、こうした動きは国内の調査を妨げるだけでなく、同国の国際的イメージを傷つけていると述べた。電子メディアのイラワ…

関連国・地域: ミャンマー中南米
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日・ミャンマーの若手音楽家が演奏会(20:17)

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

20年のチャット為替相場は安定推移=専門家(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

ゴマ価格上昇で農家は収入増、ザガイン管区(12/16)

ヤンゴン、市内の公園に飲食店設置を計画(12/16)

ヤンゴン、タイムズモールに富裕層映画館(12/16)

ヤンゴンのチミダイン魚市場、移転の方針(12/16)

ラカインでNLD幹部誘拐、AAが犯行声明(12/16)

駐日ミャンマー大使が信任状提出(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン