雄安新区、ブロックチェーン都市目指す構想

河北省保定市の新興開発地域、雄安新区が、世界初のブロックチェーン都市を目指し、さまざまな取り組みを進めている。 公式ウェブサイトによると、例えば、同区では2017年にブロックチェーン資金管理プラットフォームの運用を開始。建設労働者に対する賃金未払いが発生した場合、…

関連国・地域: 中国-河北マレーシア
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(01/24)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(01/24)

新型コロナウイルス、4人目の感染確認(07:50)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/24)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/24)

海外ツアーを中止、肺炎受け27日から=中国(00:04)

新型肺炎の死者41人、発症ほぼ全土に(01/25)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/24)

新型肺炎の死者25人に、湖北以外でも(01/24)

極楽湯、新型肺炎受け武漢施設を臨時休業(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン