• 印刷する

ベトナムの昇給率、20年は5.1%=ECA

英人材調査会社ECAインターナショナルは、ベトナムの2019年の平均昇給率は4.0%、20年は5.1%になる見通しを示した。世界でインドに次いで2番目に高いと予想されている。ベトナム・エコノミック・タイムズが17日に伝えた。

ECAは世界68カ国・地域で昇給率を調査。世界全体の平均は1.4%、欧州は1.1%だったのに対し、アジア太平洋地域は3.2%だった。

国・地域別で最大の伸び率になりそうなのがインドで、19年が5.6%、20年は5.4%になる見通し。これにベトナムやインドネシア、カンボジア、タイが続く。ベトナムやタイは生産性が向上していることや、消費者物価が抑えられていることで、長期的にも賃金は伸びていく見通しという。

一方、シンガポールは今年は3.3%の昇給率が予想されている一方で、20年は3%のマイナスになる見通し。香港も1.4%のマイナスと予想されている。マレーシアは19年の昇給率は4%、20年は2.9%に減速すると予想している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ユニクロがベトナムに1号店 市場の潜在性評価、独自商品も(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

イオン、ハノイ2号店がグランドオープン(12/06)

フエ―ダナン間、1月から路線バス運行(12/06)

高速道路4路線、運輸省が建設前倒し提案(12/06)

ホーチミン市、ごみ回収業者の支援策を計画(12/06)

大日光エンジと双日、地場EMSと提携(12/06)

日系コンサル、越人向け化粧品を発売へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン