• 印刷する

テイクオフ:「酒量はどのくらいです…

「酒量はどのくらいですか?」。 韓国での酒量とは、焼酎を基準にお酒の飲める量を示すもので、「1本(瓶)」など本数単位で表す。一昔前は、酒量が多ければ多いほど注目の的。お酒の席や企業の就職面接などあらゆる場面で、自身のアピールポイントとして使えた。

近年は、こうした酒文化が消えつつある。そもそも、飲み会で酒量が話題に上がるケースが減っている。仮に聞かれることがあっても、実際の酒量よりも少なめに答える人が多い。いまや、スマートに飲むことがモテる男性の要素になっているのだとか。

先日、ある芸能人が友人らと行った2泊3日の旅行で77本の焼酎を飲んだというエピソードがテレビで紹介されたが、ネット上では「かっこ悪い」「だから嫁をもらえないんだ」など散々だった。今後も「酒豪」というイメージの悪化に歯止めがかかりそうにない。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/14)

ダイトーキスコの工場で火災(09:51)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン