• 印刷する

LINEを折半出資会社に、ネイバーとSB

韓国ネイバーグループ傘下のLINEとソフトバンク(SB)グループのヤフーの経営統合が18日、正式に発表された。LINEをネイバーとソフトバンクの折半出資による共同出資会社として再編する方式をとる。

ネイバーが72.64%を出資しているLINEの非公開化を目的として、ネイバー(日本子会社を含む)とSBは株式公開買い付け(TOB)を実施し、共同出資会社とする。これにより、LINEはソフトバンクの連結子会社となる。

同時に、SBは保有するZホールディングス(ZHD)株すべてをLINEに移管し、合弁化されたLINEの下にZHDを置く。LINEはさらに、無料対話アプリ「LINE」など現在手掛ける事業を引き継ぐ「LINE承継会社」を設立した後、ZHDとの株式交換を通じて同社をZHD傘下に組み入れる。

LINEは「12月をめどに経営統合の方式などを最終決定する契約をネイバーとLINE、SB、ZHDの4社で締結する方針」と説明した。これと並行し、日本や韓国、台湾など進出する各国で、統合に必要な各種認証の取得を目指していくという。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車販売が11カ月連続減 現代自不振、来年はさらに逆風か(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

現代自が投資増額、電動・スマート化に拍車(12/06)

11月の日本車販売、不買運動で56%減(12/06)

SKトップの離婚騒動、妻が訴訟で意趣返し(12/06)

60歳の平均余命25年、10年前より2.4年長く(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

フィンテック企業育成、規制を緩和(12/06)

SKイノ、中国に海外初バッテリー工場竣工(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン