豪政策決定過程の70%に欠陥 炭鉱開発や所得税減税で問題

オーストラリア連邦政府と州政府による過去2年間の政策決定過程のうち、70%が中途半端、もしくは透明性が低く容認できないような内容であることが、保守派・進歩派のシンクタンク2社の調査で明らかになった。2018/19年度では、クイーンズランド(QLD)州政府とインドの複合…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

豪6月企業景況感、改善も完全回復は長期戦(18:42)

オーストラリアと労働者交換プログラム実施(21:17)

サントス、ガスからCO2ゼロの水素製造へ(18:42)

テイクオフ:オーストラリア製食品な…(07/14)

コロナ打撃大きい業界を支援 給与支援策を変更、詳細は23日か(07/14)

規制緩和で雇用市場回復も、業界や地域で差(07/14)

政府、低所得者向けに2回目の一時給付金(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン