• 印刷する

徳島の阿波踊り、香港ディズニーで初披露

徳島県から約30人の踊り手らが香港ディズニーランドを訪れ、伝統の阿波踊りを披露した=16日(NNA撮影)

徳島県から約30人の踊り手らが香港ディズニーランドを訪れ、伝統の阿波踊りを披露した=16日(NNA撮影)

徳島県阿波踊り協会による選抜メンバーが16日、香港ディズニーランド・リゾートで伝統の阿波踊りを披露した。約30人の踊り手と和楽器演奏者が徳島から来港し、ディズニーファンを含む300人の招待客や来場者の前で踊りながらパレードした。

ランド内のメインストリートを約20分間、踊り歩いた。阿波踊りとディズニーのコラボは東京も含めて今回が世界初。日本の魅力を香港に伝える「日本秋祭in香港―魅力再発見―」の一環として行われた。

開演セレモニーであいさつした徳島県の後藤田博副知事は、香港の航空大手キャセイパシフィック航空傘下のキャセイドラゴン航空(国泰港龍航空)が、12月11日から来年3月28日まで徳島―香港の季節定期便を運航することに触れ、「ここで阿波踊りを見た人が新たな徳島ファンとなって徳島を訪れてほしい」と呼び掛けた。

これまでにも香港で踊りを披露したことがあるという石川翔子さんは「阿波踊りが香港で浸透しているのを感じる」と話し、「デモの激化を懸念したディズニーから園内のホテルを用意され、県のサポートもあったため抗議活動への不安はなかった」と述べた。

県観光政策課の岩野真士海外誘客室長は、今後も香港でのプロモーションを強化し「キャセイドラゴンの通年運航を目指す」と意気込みを語った。

香港ディズニーでは12月15日まで、県産ブランド地鶏の「阿波尾鶏(あわおどり)」やサツマイモの「鳴門金時」を使った特別メニューの提供も行う。

選抜メンバーは17日にも、九龍・尖沙咀の「香港文化中心」で阿波踊りを披露した。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料サービス観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(07/10)

16人が市中感染、政府「最も深刻な状況」(07/11)

新たに38人感染、うち市中感染は32人(07/10)

幼稚園と小中高校の夏休み前倒し、13日から(07/10)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(07/10)

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

1万$使い道、消費より貯金 政府が給付、経済効果に疑問も(07/10)

域内感染新たに34人、飲食店規制を再強化(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン