• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕NZ、安楽死法案で国民投票へ

ニュージーランド(NZ)議会は、末期患者に対する安楽死を合法化する「エンド・オブ・ライフ・チョイス法」を可決した。法案は来年実施される国民投票にかけられた後、最終的な決定が下される。NZヘラルドが伝えた。

法案は賛成69、反対51で可決されたものの、反対派からは批判の声が高まっている。国民党のペンク議員は安楽死法が悪用される恐れもあり、施行する場合は「立会人やクールダウン期間を導入する必要がある」と主張した。

一方で、安楽死法を主導してきたACT党のデビッド・シーモア党首は、安楽死は医師のほう助の下で行われるため、安全面に問題はないと話した。7月に行われた調査によると、NZでは72%の人が安楽死法案を支持しているという。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

商業不動産のテナント救済措置、延長を検討(17:43)

コロナで労使対立、FWC調停件数が25%増(17:43)

豪銀、経営圧迫で軒並み預金金利引き下げ(17:43)

テイクオフ:約2カ月前にニューサウ…(08/10)

豪政府、給与補助の対象拡大 都市封鎖のVIC失業者に焦点(08/10)

VIC州、数週間以内に感染管理可能に(08/10)

VIC建設現場、政府が封鎖措置緩和で妥協(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン