• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕NZ、安楽死法案で国民投票へ

ニュージーランド(NZ)議会は、末期患者に対する安楽死を合法化する「エンド・オブ・ライフ・チョイス法」を可決した。法案は来年実施される国民投票にかけられた後、最終的な決定が下される。NZヘラルドが伝えた。

法案は賛成69、反対51で可決されたものの、反対派からは批判の声が高まっている。国民党のペンク議員は安楽死法が悪用される恐れもあり、施行する場合は「立会人やクールダウン期間を導入する必要がある」と主張した。

一方で、安楽死法を主導してきたACT党のデビッド・シーモア党首は、安楽死は医師のほう助の下で行われるため、安全面に問題はないと話した。7月に行われた調査によると、NZでは72%の人が安楽死法案を支持しているという。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家は集合住宅の3階…(12/10)

西シドニー新都心、区画案公開 インフラ課金詳細は年内に発表も(12/10)

シドニー南西部貨物ハブ、政府が売却計画か(12/10)

豪小売り業界、クリスマス売上増見込めず(12/10)

伊藤忠、QLD炭鉱事業の権益取得か(12/10)

豪家庭の電気代7%低下へ、再生エネ増で(12/10)

12日の英国選挙、結果は豪企業に影響(12/10)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党が42%と支持拡大(12/10)

2020年民間保険料上昇率、19年ぶりの低水準(12/10)

フィンテックのタイロ、上場初値20%高(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン