• 印刷する

鉱業フィレックス、年400万トン生産へ

フィリピンの鉱業大手フィレックス・マイニングは、ミンダナオ地方北スリガオ州に立地する大規模鉱山のシランガン鉱山の鉱石生産量について、2023年までにハイグレード銅と金の合計で年間400万トンに達するとの見込みを示した。

ユーラリオ・オースティン社長兼最高経営責任者(CEO)が明らかにした。地元紙によると、11億米ドル(約1,194億円)を投じて同鉱山を開発する。来年前半までにプロジェクトの戦略的パートナーを決めることを目指している。

同社はシランガン鉱山を構成する3鉱床のうち、ボヨンガン鉱床の開発費用として既に約7億5,000万米ドルを確保。日系大手銀行からプロジェクト融資による資金調達を計画している。

シランガン鉱山では当初、露天掘りによって18年から採掘が始まる予定だった。一方、政府が17年に露天掘りを禁止した影響で事業開始が遅れ、「サブレベル・ケービング法」と呼ばれる地下採掘法が採用された。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3379人、計12万2754人(08/07)

GDP16.5%減、過去最悪 4~6月、「景気後退」入り(08/07)

今年のGDP5.5%減に、政府予測(08/07)

比のコロナ感染者、東南ア最多に(08/07)

コロナ感染新たに3561人、計11万9460人(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

コロナ対策法案第2弾、下院の第2読会通過(08/07)

マカティ市、プール方式のコロナ検査実施へ(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン