• 印刷する

ブカシの新総合都市に日本の「商店街」整備

インドネシアの不動産開発業者シリウス・スルヤ・セントサ(SSS)は、西ジャワ州ブカシのMM2100工業団地内に開発する総合都市「ヴァサンタ・イノパーク」に、日本の商店街のようなコンセプトを取り入れたショッピング街を整備すると明らかにした。

SSSは14日、ショッピングセンターのテナント業者が加盟するインドネシア商業施設協会(HIPPINDO)と協業に関する覚書を締結した。協会のブディハルジョ会長は、入居テナントは地元の中小事業者が中心になると説明しつつ、「日本の商店街の雰囲気を感じられるような、人々が集まる新たな場所を提供したい」と述べた。

開発するショッピング街の名称は「HIPPINDOシティー」。屋外に長さ1.5キロメートル、幅18メートルの商店街を整備し、合計200店舗の入居を見込む。具体的な入居テナントはまだ決まっていない。2021年第3四半期(7~9月)の開業を予定する。

ヴァサンタ・イノパークの敷地面積は12ヘクタール。アパートや商業施設、オフィスビル、ホテルなど17棟の高層建築物の建設が計画されている。

HIPPINDOとシリウス・スルヤ・セントサの覚書調印式には、アンジェラ・タヌスディビョ観光・創造経済副大臣(中央)も出席した=14日、ジャカルタ(NNA撮影)

HIPPINDOとシリウス・スルヤ・セントサの覚書調印式には、アンジェラ・タヌスディビョ観光・創造経済副大臣(中央)も出席した=14日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

世銀の所得分類、上位中所得国に引き上げ(19:50)

石炭価格下落で減産、今年は4.8億トンに(19:50)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(19:50)

国内新規感染者1600人超、東ジャワが急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

西ジャワ首都圏も16日までPSBB延長(07/03)

中銀の金融機関監督権、大統領が復活の意向(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン