• 印刷する

ブカシの新総合都市に日本の「商店街」整備

インドネシアの不動産開発業者シリウス・スルヤ・セントサ(SSS)は、西ジャワ州ブカシのMM2100工業団地内に開発する総合都市「ヴァサンタ・イノパーク」に、日本の商店街のようなコンセプトを取り入れたショッピング街を整備すると明らかにした。

SSSは14日、ショッピングセンターのテナント業者が加盟するインドネシア商業施設協会(HIPPINDO)と協業に関する覚書を締結した。協会のブディハルジョ会長は、入居テナントは地元の中小事業者が中心になると説明しつつ、「日本の商店街の雰囲気を感じられるような、人々が集まる新たな場所を提供したい」と述べた。

開発するショッピング街の名称は「HIPPINDOシティー」。屋外に長さ1.5キロメートル、幅18メートルの商店街を整備し、合計200店舗の入居を見込む。具体的な入居テナントはまだ決まっていない。2021年第3四半期(7~9月)の開業を予定する。

ヴァサンタ・イノパークの敷地面積は12ヘクタール。アパートや商業施設、オフィスビル、ホテルなど17棟の高層建築物の建設が計画されている。

HIPPINDOとシリウス・スルヤ・セントサの覚書調印式には、アンジェラ・タヌスディビョ観光・創造経済副大臣(中央)も出席した=14日、ジャカルタ(NNA撮影)

HIPPINDOとシリウス・スルヤ・セントサの覚書調印式には、アンジェラ・タヌスディビョ観光・創造経済副大臣(中央)も出席した=14日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

第一生命、経営者保険販売でりそな銀と提携(12/06)

再生可能エネ発電、25年に全体の23%へ(12/06)

外貨建て輸出入額の報告義務化、20年から(12/06)

ガルーダ航空社長を解任、バイク密輸か(12/06)

MRT、コタまで延伸すれば乗客数倍増(12/06)

国内線の航空運賃、月~木曜に3割減へ(12/06)

LRT東ブカシ駅の集合住宅、22年引き渡し(12/06)

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン