• 印刷する

ドンキが西部初出店、すしバーも設置

ドンドンドンキのシンガポール6号店が開業する商業施設Jキューブの外観(PPIH提供)

ドンドンドンキのシンガポール6号店が開業する商業施設Jキューブの外観(PPIH提供)

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は14日、シンガポール西部ジュロン・イーストで、海外向けブランド「ドンドンドンキ」の同国6号店を開業すると発表した。開業日は今月29日。西部に出店するのは初めて。新たな試みとしてすしバーを設置する。

都市高速鉄道(MRT)ジュロン・イースト駅から徒歩5分の商業施設「Jキューブ」の地下1階に開業する。店舗面積は1,488平方メートルで、うちスーパーが697平方メートル、フードコートが791平方メートル。営業時間は午前8時から翌午前0時とする。

近隣住民を主要顧客に据え、年配層やファミリー層に普段使いしてもらえるよう、スーパーでは食品を中心に販売する。化粧品や雑貨はほとんど置かない方針だ。

スーパー店内には、PPIH全体でも初の試みとして「すしバー」を設置。買い物客がその場で握りたてのすしを食べられるようにする。

フードコートには飲食店10店がテナントとして入居。席数は360席で、ドンドンドンキの中で最大規模となる。

PPIHの広報担当者はNNAの取材に対し「(乗換駅でもある)ジュロン・イースト駅は西部で最も乗降客数が多い。利用者の需要を取り込みたい」と説明した。

ドンドンドンキは海外で、シンガポールのほかタイで1店舗、香港で1店舗を展開。2カ国とも2号店の開業準備を進めている段階だ。広報担当者は「東南アジアでも引き続き新規出店の機会を探っている」と述べた。

シンガポールではドンドンドンキのほか、焼き芋専門店「スイートポテトファクトリー」をチャンギ空港で展開している。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

財務相にウォン教育相が就任 内閣改造、次期首相候補に浮上(04/23)

新規感染39人、国内は3人(23日)(04/23)

変異株の国内感染、これまでに8人=保健省(04/23)

インド人労働者不足に懸念、入国規制強化で(04/23)

20年の汚職告発、コロナ禍で5年ぶり低水準(04/23)

米ビザなど大手企業も参入 設置進む無人AI店舗(下)(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

シンガポールと首脳会談、商用便再開を協議(04/23)

ウェンズ、高級車ロータスのタイ販売権取得(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン