VR・AR導入の店舗増加 物販低迷下、集客力強化狙い

シンガポールの小売店や娯楽施設で仮想現実(VR)や拡張現実(AR)技術を導入する動きが広がっている。景気低迷や競争激化で物販の業況が厳しい中、集客力の向上を狙い最新技術を活用する事例が目立つ。店舗にとっては顧客データの収集につながる利点もある。今後は第5世代(…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12/06)

情報漏えいで罰金、買い物オネストビーなど(12/06)

インサー、地場社とECで提携(12/06)

MRT横断線、国内最深地下70Mを走行(12/06)

複合ケッペル子会社、欧エネルギー市場に参入(12/06)

配車グラブ、決済カード発行 東南アジア1兆米ドル市場に照準(12/06)

海洋プラごみ削減ファンド、20年に始動(12/06)

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

飲料F&N、西部トゥアスに総合拠点開設へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン