韓国バイオ「すき間」で躍進 後続薬に特化、量産体制を構築

バイオ医薬品の後続薬(バイオシミラー)の世界市場で韓国企業の存在感が高まっている。けん引するのは、高い技術力を誇る独立系のセルトリオンと韓国屈指の財閥を後ろ盾とするサムスンバイオエピスだ。先行組である日米欧のバイオ医薬品メーカーが力を入れてこなかった分野に注目…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品化学


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、28人増の1万4626人(13:52)

SK、中国データセンター社に317億円を投資(18:02)

SKイノ、次世代EV電池をフォードに供給(20:18)

アップルの心電図アプリ、販売許可を取得(16:46)

日韓交流まつり、9月20日にオンライン開催(16:49)

テイクオフ:外食をする際にマスクの…(08/10)

洋上風力発電の普及に本腰 30年までに発電能力を100倍に(08/10)

新型コロナ感染者、36人増の1万4598人(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン