反落、抗議活動激化を懸念=香港株式

13日の香港株式市場は反落して終了した。香港の抗議活動の激化を受け、ハンセン指数は節目の27000を割り込んだ。不動産関連銘柄が引き続き不調。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前日比493.82ポイント(1.82%)安の26571.46で引けた。…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「なぜ香港の空調には暖…(12/11)

小売業界、6000人弱解雇か 団体調査「業況は過去最悪」(12/11)

行政長官、14日北京へ=習主席と会談か(12/11)

覆面禁止法、再び無効に=香港高裁判断(12/11)

過激派が「一時休戦」、地下で態勢回復か(12/11)

3Qサービス業収益指数、4部門で2桁下落(12/11)

輸出の減少幅、11月は縮小も=貿易発展局(12/11)

11月の民間求人、前年比3割超減(12/11)

貿発局主催の展示会、下期はバイヤー2割減(12/11)

恒例の工展会が開幕、警備を強化(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン