• 印刷する

MGモーター、EV市場で主導的地位目指す

中国の自動車大手、上海汽車集団(SAIC)傘下の英系MGモーター・インディアは、インドの電気自動車(EV)市場で主導的な立場を確保することを目指している。来月には、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)仕様のEV「ZS」を発表する予定だ。エコノミック・タイムズ(電子版)などが13日に伝えた。

MGモーター・インディアのラジーブ・チャバ社長は、EV事業の展開について、「2年以内にバッテリーの組み立て工場を国内に設置するほか、向こう3~4年で車両の低価格化を進める」と説明。将来は100万ルピー(約152万円)を下回る価格帯のEVを展開することを視野に入れていると明らかにした。

ZSはMGモーター・インディアがインドに投入する第2弾の車種で、初のEVとなる。価格は約250万ルピーの見通しだ。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

豊田通商子会社、内製化支援のセンター開設(12/06)

第1段階合意には関税引き下げ必須、商務省(12/06)

アショク、今月に最大12日の生産調整(12/06)

シュコダ、印市場特化の車種を21年に発売(12/06)

二輪ロイヤル、海外の製造販売拠点を拡充(12/06)

ドールがインド進出、フューチャーと提携(12/06)

ガス火発、政府が新たな救済策を策定(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン