• 印刷する

クリスマス商戦は低調か=豪小売調査

クリスマス商戦を控えるオーストラリアでは、今年は小売業界の信頼感が低下しているもようだ。会計大手デロイトの調査によると、小売企業のうちクリスマス商戦で前年比で売り上げ増加を予想しているのは62%と、昨年の80%から大きく減少している。13日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

デロイトは、国内の小売り企業の役員56人を対象に調査を実施。回答者の39%がクリスマス前に値下げを行うとしており、これは前年の31%より多い。また、来年の見通しについても、売り上げが伸びると予想したのは72%と、前年の90%から減少した。

デロイトの国内小売り・卸売り・流通部門を率いるホワイト氏によれば、業界の信頼感は2013年以来の低水準となっているという。同氏は、47%が過去12カ月の売り上げの伸びが横ばい、もしくは減少したと回答しているとし、「クリスマス商戦を前に盛り上がりに欠けるのも不思議ではない」と述べた。小売各社は、利下げと連邦政府による所得税減税の効果が表れないことから、賃金と雇用の伸びに期待を寄せているという。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のオンライン小売売上高指数は、前年同期比で10.5%上昇するなど、消費者によるオンライン購入は伸びている。だが、デロイトの調査では、クリスマスの「オンライン販売が前年比10%以上増加する」と回答したのは58%と、昨年の79%から大きく減少している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの駅構内に人だ…(12/13)

豪大手企業、3割が納税ゼロ 国税局の年次報告書(12/13)

NSW財政、消費税収減少で黒字額下方修正(12/13)

QLD財政、貯蓄増加も石炭価格低下で圧迫(12/13)

VIC警察、賃上げ求め16日から争議行為(12/13)

〔政治スポットライト〕豪とインド、軍事支援協定締結へ前進(12/13)

安売りハリススカーフ、身売り直後に破綻(12/13)

フィンテック企マネーミー、ASXに上場(12/13)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(12/13)

豪政府、防疫費用回収で1月に輸入税引上げ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン