• 印刷する

テイクオフ:タイでは環境保護のトレ…

タイでは環境保護のトレンドが日増しに強くなっている。若者が主導していることに異論はなく、年齢が上の世代はこれまでの生活習慣を変えなければいけないかもしれない。

私の母はいわゆるタイで言う「団塊の世代」であり、同世代の人と同じく、何の疑問も持たずに使い捨てのレジ袋やプラスチック製の容器を使用していた。ところが最近は、布製の袋や再生可能な容器を使うようになった。

何がきっかけで変わったのか聞いたところ、日々環境問題が報じられているからだと言う。とりわけタイで人気のあった「マリアム」と名付けられた生後約8カ月のジュゴンの赤ちゃんが、プラごみを誤飲して死んだニュースに心を痛めたという。

環境保護は「若者の役目」ではなく、世代に関係なく皆の責任であるという考え方が広まり、実際の保全につながることを期待する。(ピ)


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器、普及目標近づく 官民連携でインフラ整備を先行(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

タイ正月の振替、9月4日と7日に決定(08/14)

帰国者3人が感染、市中はゼロ(13日)(08/14)

政府、高速鉄道アユタヤ駅周辺でPPP開発(08/14)

国際線乗り入れ、全面解禁まだ=民間航空局(08/14)

運輸相、年内の一般向け配車アプリ導入命令(08/14)

水道・発電WHAUP、4~6月は63%減益(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン