• 印刷する

テイクオフ:お金にまつわる漢字によ…

お金にまつわる漢字によく「貝」がつくのは、大昔に貝がお金の役割を果たしていたことに由来する。現政権が、前政権の負の遺産として頭を抱える「賄賂」など、まさに貝まみれ、金まみれなのだ。

この悪しき慣習を断つためにマレーシア中央銀行は、来年から現金で決済できる金額に2万5,000リンギ(約66万円)の上限を定める計画を示した。インドでも17年に同様の政策が敷かれた。その際は流通していた高額紙幣を一夜にして無効とし、新紙幣を投入する荒技も兼ねてだった。

海辺に行けば拾える貝がお金として成立したのは、その地域では採れない種類か、年代ものに限っていたからだそうだ。現金の条件を絞り込めば、現金依存の裏取引が縮小するのか。それこそ畑にハマグリ。一過性の奇策にすぎず、地下に生きずも、こちらまで困る。何か妙案はないものか。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

ジェイノベーションが新店舗(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

RM1=26.1円、$1=4.17RM(5日)(12/06)

低所得向け医療保険、カバー範囲の狭さ課題(12/06)

中国汽車零件、地場企業の買収計画中止(12/06)

製造業者連盟、ガス自由化の遅延を懸念(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン