反発、騰訊が2%以上の上げ幅=香港株式

12日の香港株式市場は反発して終了した。香港で抗議活動が過激化した影響で、香港の不動産銘柄に売り圧力が強まったが、主力銘柄である中国本土IT大手、騰訊(テンセント)が2%以上上げ、ハンセン指数は節目の27000を回復した。香港経済日報系のニュースサイト、経済通が伝えた…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「城門水塘(センムンソ…(12/09)

香港で再び大規模デモ 「80万人」が参加、五大要求訴え(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

剛と柔併せ持ちデモ対応、香港警察トップ(12/09)

香港米国商会トップ、マカオ入境拒否される(12/09)

中小企業向け融資拡充予算など承認、立法会(12/09)

大新銀、来年の中小企業向け融資絞り込みも(12/09)

香港系、大型複合開発に3.5億ドル投資(12/09)

続伸、米中貿易協議進展に期待=香港株式(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン