高速道路の料金徴収、順次RFID対応へ

マレーシアの金融大手CIMBグループと高速道路運営PLUSマレーシアは、来年から無線自動識別(RFID)タグによる高速道路料金支払いシステムを順次導入すると発表した。両社が合弁で展開する非接触型自動決済サービス「タッチンゴー(TnG)」のRFIDシステムを活用…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレー系ディーラー47店撤退 プロトン、中国資本で躍進の陰で(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

ジェイノベーションが新店舗(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

RM1=26.1円、$1=4.17RM(5日)(12/06)

低所得向け医療保険、カバー範囲の狭さ課題(12/06)

中国汽車零件、地場企業の買収計画中止(12/06)

製造業者連盟、ガス自由化の遅延を懸念(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン