高速道路の料金徴収、順次RFID対応へ

マレーシアの金融大手CIMBグループと高速道路運営PLUSマレーシアは、来年から無線自動識別(RFID)タグによる高速道路料金支払いシステムを順次導入すると発表した。両社が合弁で展開する非接触型自動決済サービス「タッチンゴー(TnG)」のRFIDシステムを活用…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新車販売に売上税減免効果 首位プロドゥア、6月は前月3倍(07/03)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(2日)(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MM2Hの新規申請、6月末から9割超却下(07/03)

外資の工業用地所有権、ヌ州が条件付き許可(07/03)

建設ガムダ、ペナン交通整備計画で州と契約(07/03)

失業者雇用する企業への優遇、申請受付開始(07/03)

6月の製造業PMIは51.0、V字回復の兆し(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン