• 印刷する

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入

三菱自動車は12日、インドネシアの首都ジャカルタで小型多目的車(MPV)の新型車「エクスパンダークロス」を世界初披露した。同社の主力モデル、小型MPV「エクスパンダー」にスポーツタイプ多目的車(SUV)の特徴を兼ね備えた上位モデルとなる。同日に予約受け付けを開始、13日に発売する。

エクスパンダークロスを発表した三菱自動車の加藤隆雄CEO(右から3人目)ら=12日、ジャカルタ(NNA撮影)

エクスパンダークロスを発表した三菱自動車の加藤隆雄CEO(右から3人目)ら=12日、ジャカルタ(NNA撮影)

三菱自動車の加藤隆雄最高経営責任者(CEO)はジャカルタで開催した披露イベントで「エクスパンダークロスには他のMPVに比べてよりSUVテイストの力強いデザインや耐久性などの機能を加えた」と説明。エクスパンダーと同様、東南アジアなどへ積極的に輸出する方針を示した。

エクスパンダーで使用している1.5リッターのエンジンを搭載した。外観はエクスパンダーのデザインを踏襲しつつ、オフロードでの走行にも優れた高い静粛性や地上高の高さを確保。7人が座っても広々とした快適な室内を目指した。販売子会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)の中村直哉社長は「現代人はますます忙しく家族と過ごす時間も短くなっている。(エクスパンダークロスの提供で)家族と豊かな時間を過ごしてもらいたい」と述べた。

今月から西ジャワ州ブカシの工場で生産を開始した。現地調達率は約7割。

ジャカルタ首都圏での価格は2億6,770万ルピア(約208万円)から。エクスパンダーより数千万ルピア高い価格に設定した。MMKSIはこのほか「アウトランダースポーツ」「パジェロスポーツ」「エクリプスクロス」などの中型SUVを販売している。エクスパンダークロスの投入で、国内市場で人気の高いMPVとSUVセグメントを拡充した。

三菱自は2017年9月にエクスパンダーの生産を開始。同社の主力モデルとなったが、発売から2年がたって成長も一服している。インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、今年1~9月の三菱自の全車種の販売台数(ディーラーへの出荷ベース)は前年同期比19%減の9万1,743台。同社の当初予想を下回り、市場シェアは1ポイント低下し12.2%となった。上位モデルとなるエクスパンダークロスの投入でてこ入れを図る。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

世銀の所得分類、上位中所得国に引き上げ(19:50)

石炭価格下落で減産、今年は4.8億トンに(19:50)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(19:50)

国内新規感染者1600人超、東ジャワが急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

西ジャワ首都圏も16日までPSBB延長(07/03)

中銀の金融機関監督権、大統領が復活の意向(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン