• 印刷する

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入

三菱自動車は12日、インドネシアの首都ジャカルタで小型多目的車(MPV)の新型車「エクスパンダークロス」を世界初披露した。同社の主力モデル、小型MPV「エクスパンダー」にスポーツタイプ多目的車(SUV)の特徴を兼ね備えた上位モデルとなる。同日に予約受け付けを開始、13日に発売する。

エクスパンダークロスを発表した三菱自動車の加藤隆雄CEO(右から3人目)ら=12日、ジャカルタ(NNA撮影)

エクスパンダークロスを発表した三菱自動車の加藤隆雄CEO(右から3人目)ら=12日、ジャカルタ(NNA撮影)

三菱自動車の加藤隆雄最高経営責任者(CEO)はジャカルタで開催した披露イベントで「エクスパンダークロスには他のMPVに比べてよりSUVテイストの力強いデザインや耐久性などの機能を加えた」と説明。エクスパンダーと同様、東南アジアなどへ積極的に輸出する方針を示した。

エクスパンダーで使用している1.5リッターのエンジンを搭載した。外観はエクスパンダーのデザインを踏襲しつつ、オフロードでの走行にも優れた高い静粛性や地上高の高さを確保。7人が座っても広々とした快適な室内を目指した。販売子会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)の中村直哉社長は「現代人はますます忙しく家族と過ごす時間も短くなっている。(エクスパンダークロスの提供で)家族と豊かな時間を過ごしてもらいたい」と述べた。

今月から西ジャワ州ブカシの工場で生産を開始した。現地調達率は約7割。

ジャカルタ首都圏での価格は2億6,770万ルピア(約208万円)から。エクスパンダーより数千万ルピア高い価格に設定した。MMKSIはこのほか「アウトランダースポーツ」「パジェロスポーツ」「エクリプスクロス」などの中型SUVを販売している。エクスパンダークロスの投入で、国内市場で人気の高いMPVとSUVセグメントを拡充した。

三菱自は2017年9月にエクスパンダーの生産を開始。同社の主力モデルとなったが、発売から2年がたって成長も一服している。インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)によると、今年1~9月の三菱自の全車種の販売台数(ディーラーへの出荷ベース)は前年同期比19%減の9万1,743台。同社の当初予想を下回り、市場シェアは1ポイント低下し12.2%となった。上位モデルとなるエクスパンダークロスの投入でてこ入れを図る。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

第一生命、経営者保険販売でりそな銀と提携(12/06)

再生可能エネ発電、25年に全体の23%へ(12/06)

外貨建て輸出入額の報告義務化、20年から(12/06)

ガルーダ航空社長を解任、バイク密輸か(12/06)

MRT、コタまで延伸すれば乗客数倍増(12/06)

国内線の航空運賃、月~木曜に3割減へ(12/06)

LRT東ブカシ駅の集合住宅、22年引き渡し(12/06)

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン