• 印刷する

左ハンドル車のみ輸入継続、製造年も厳格化

ミャンマー商業省傘下の自動車輸入監督委員会は、左ハンドル車のみの輸入を許可することを含む2020年自動車輸入政策を発表した。昨年に続き、車両の製造年もより新しいものに規定する。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。

輸入が許可される車両の製造年は、委託販売(コンサインメント)方式で自家用車を輸入する場合は、17年以降のものに限定。個人輸入でエンジン排気量1350cc未満の車両を輸入する際には、18年以降に製造された車両に限り認められる。

小型バスや路線バス、高速バス車両、商用車、宗教上の利用目的で輸入する自動車は16年以降、消防車と救急車は11年以降に製造された車両に限定する。掘削機やブルドーザーなど公道での走行が禁止されている重機は、製造から15年未満のものに限り輸入を許可する。

ミャンマー政府は18年から、左ハンドル以外の車両の輸入を商用車を含めて全面的に禁止。日本からの中古車輸入は激減したが、今なお政府の監視の目が届かない国境地帯では陸送で輸入された日本製の右ハンドル中古車が使われているとみられている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日・ミャンマーの若手音楽家が演奏会(20:17)

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/16)

20年のチャット為替相場は安定推移=専門家(12/16)

ダウェーへの送電網は年度内に着工、大統領(12/16)

ゴマ価格上昇で農家は収入増、ザガイン管区(12/16)

ヤンゴン、市内の公園に飲食店設置を計画(12/16)

ヤンゴン、タイムズモールに富裕層映画館(12/16)

ヤンゴンのチミダイン魚市場、移転の方針(12/16)

ラカインでNLD幹部誘拐、AAが犯行声明(12/16)

駐日ミャンマー大使が信任状提出(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン