• 印刷する

EVタクシーのリチウム、ウィプロと提携

ウィプロで施設の管理・運営を統括するニッタン・バラ社長らが旗を掲げる(リチウム・アーバン・テクノロジーズ提供)

ウィプロで施設の管理・運営を統括するニッタン・バラ社長らが旗を掲げる(リチウム・アーバン・テクノロジーズ提供)

インドで電気自動車(EV)を使ったタクシーサービスを手掛けるリチウム・アーバン・テクノロジーズは11日、地場IT大手ウィプロと提携すると発表した。ウィプロの従業員向け輸送サービスを全国規模で提供する。

リチウムは昨年6月から、ウィプロが南部テランガナ州ハイデラバードで運営する拠点でEVタクシーサービスを提供している。リチウムは向こう1年半でウィプロが運用する車両の35%をEVに切り替え、サービス提供エリアを全国規模に拡大する予定だ。

リチウムによると、ハイデラバードの拠点を対象にしたサービスでは、これまでにEVを使用した輸送距離が累計400万キロメートルに達し、8億トン相当の二酸化炭素(CO2)削減につながったという。

ウィプロで施設の管理・運営を統括するニッタン・バラ社長は、EVによる従業員輸送サービスの導入について、同社が展開する環境保護に向けたさまざまな取り組みの一環とコメントした。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中村哲医師が亡くなった…(12/09)

北部パンジャブが投資呼掛け 低賃金など売り、日本向け団地も(12/09)

パンジャブで日本の電動バス導入か=地元紙(12/09)

電動二輪ヒーロー、パンジャブ州と提携(12/09)

MGモーター、初EV「ZS」をお披露目(12/09)

タタ自、地方7カ所に自動車の保管倉庫設置(12/09)

配車オラ、豪とNZで事業地域拡大(12/09)

LGのテレビ販売、昨年度は8.6%減(12/09)

住宅設備コーラー、3年で取扱店を倍増へ(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン