• 印刷する

テイクオフ:シンガポール政府が電動…

シンガポール政府が電動キックスケーターの歩道での走行を今月初旬に禁止してから波紋が広がっている。料理宅配サービスの配達員の間で広まっている輸送手段であるほか、キックスケーターの販売業者も多数の在庫を抱えているためだ。

配達員からは「歩道を走れなくなり、配送に時間がかかるようになった」「仕事のためにローンで購入したのに利用できなくなった」と嘆きの声が出ている。販売業者は「売れなくなったためビジネスが立ちゆかなくなった」と切実な声を上げる。政府は解決策として電動自転車に買い換える際に補助金を出すことを決めたが、今度は電動自転車の在庫が足りないという課題が出てきた。

いきなり規制を導入するのは東南アジアではよくあることだが、各方面に与える影響をもう少し考慮してはどうか、とはた目に見て思う。歩道を安心して歩けるようになったのはありがたいが。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(19:28)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(19:02)

通信IPS、現法に2億円増資(18:40)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(18:41)

空港業務SATS、コロナで4Q赤字に(18:40)

衣料テックのジリンゴ、追加リストラ(18:41)

ロールスロイス、人員24%削減へ(18:40)

セムマリンとGE、北海で洋上風力発電事業(18:41)

地場デジタル銀、テンセント子会社と提携(18:40)

車両購入権の入札再開、予想より上昇小幅(18:40)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン