• 印刷する

香港株ETF、本土との取引に期待=関係者

香港初の上場投資信託(ETF)「盈富基金(トラッカーファンド・オブ・ホンコン)」は12日、香港取引所(HKEX)での上場から20周年を迎えた。市場関係者は今後のETF市場について、中国本土との相互取引を通じたさらなる発展に期待感を示している。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

米ブルームバーグ通信のデータによると、香港のETF市場はアジア5位の規模。運用本数は119本、運用資産総額は370億米ドル(約4兆400億円)となっている。トップは日本(3,910億米ドル)で、本土(780億米ドル)、台湾(510億米ドル)、韓国(400億米ドル)と続く。

大手会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(EY)の広報担当者は、過去20年の香港ETF市場を振り返り「よく発展した」とした上で、「さらなる市場拡大のために、香港・本土間でETFの相互取引を開始すべきだ」と語った。

トラッカーファンドは、香港を代表する株価指数であるハンセン指数に連動し、同指数の構成銘柄を投資対象とする。香港政府が1998年、投機筋に対抗する目的で、約1,180億HKドル(現在のレートで約1兆6,500億円)を投じて株式買い介入を行い、組成された。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン