続落、社会混乱激化で節目割れ=香港株式

11日の香港株式市場は続落して終了した。米中貿易摩擦でトランプ米大統領が追加関税の段階的撤廃合意を否定したことに加え、香港の社会混乱激化を受け、投資家マインドは悪化。主要銘柄は軒並み大きく下げ、ハンセン指数は節目の27000を割り込んだ。香港経済日報系のニュースサイト…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者48人、累計4360人(08/14)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

コロナの新規感染者69人、累計は4312人(08/14)

強制検疫、11日目からは自宅隔離に=衛生署(08/14)

公務員の在宅勤務、8月23日まで延長(08/14)

本土出発の旅客、乗り継ぎ再開=10月15日まで(08/14)

横ばい、構成銘柄見直し発表控え=香港株式(08/14)

本土ネット通販の唯品会、年内に香港上場か(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン