• 印刷する

ポスコ系商社、ミャンマーのガス田3期開発

韓国ポスコグループ傘下の総合商社ポスコインターナショナルが、ミャンマー西部ラカイン州沖合で進めているシュエ・ガス田事業の第3期開発に乗り出す。同社は10日、米マクダーモットと液化天然ガス(LNG)の掘削・生産に必要な洋上構造物の基本設計(FEED)契約を締結した。

ポスコインターナショナルは先月、現代重工業とも同様の契約を締結している。今後は両社の設計を検討した上で、2020年にはどちらかにエンジニアリング・資材調達・建設・据え付け・試運転(EPCIC)を発注する計画だ。シュエ・ガス田の3期開発は、21年の生産開始を目標とする。

ポスコインターナショナルにとってミャンマーのガス田事業は大きな稼ぎ頭となっている。同社は生産から液化、輸送、販売までのLNGのバリューチェーン構築を急ぐ構えだ。

ポスコインターナショナルは、洋上構造物の基本設計(FEED)で米マクダーモットと契約を交わした(ポスコインターナショナル提供)

ポスコインターナショナルは、洋上構造物の基本設計(FEED)で米マクダーモットと契約を交わした(ポスコインターナショナル提供)


関連国・地域: 韓国ミャンマー
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン