• 印刷する

テイクオフ:景気減速の逆風も何のそ…

景気減速の逆風も何のその、中国インターネット通販の一大販促イベント「双十一」は今年も絶好調だった。生みの親である阿里巴巴集団(アリババグループ)にとっては、創業者の馬雲(ジャック・マー)氏の引退後初めて迎える双十一だったが、結果は昨年を上回る過去最高の取引総額を達成。ポスト馬雲時代の幕開けに花を添えた。ネット通販大手の京東(JD.com)も過去最高記録を塗り替えるなど、パワーを存分に見せつけた。

海外にも広がり、双十一は今や名実ともに世界的イベントに成長した。世界に誇れる中国生まれのブランドと言っても過言ではない。アリババ自身、10年前に仕掛けた際には、恐らく今日の姿までは想像していなかっただろうと思う。

ところで双十一は「独身の日」の意。独身者の一人として参戦したかったけれど、許してくれなかった。寂しい懐が。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国からの投資にはリスクあり、KPK警告(14:57)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(18:53)

三菱電機、中国での特許訴訟で勝訴(17:48)

テイクオフ:携帯キャリアから久しぶ…(12/09)

米産大豆など、報復関税免除 貿易協議にらみ柔軟姿勢か(12/09)

韓国がEV電池で覇権狙う LGとGM合弁、現地生産を加速(12/09)

中国11月新車販売、日系3社好調も日産苦戦(12/09)

丸紅のコンソ、豪鉄道事業受注 NSW州シドニーでPPP事業権(12/09)

中国企業、南東部で廃棄物発電を検討(12/09)

有望投資先、越が6年連続1位=日本公庫(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン