大手7グループ、来年の事業計画まとまらず

韓国経済新聞が資産規模の上位10グループ(公企業、金融機関除く)を対象に調査したところ、7グループは2020年の事業計画案の原案すらまとまっていないことが分かった。景気低迷や米中貿易摩擦、日本との関係悪化など不安要素が拡大しているためだ。韓国経済新聞が伝えた。 主要…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:つまみ食い成功――。顧…(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

ネット消費が実店舗を浸食 早朝宅配の普及、小売りに打撃(11/20)

上場企業の業績、7~9月期に底入れか(11/20)

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

LGU+、5Gコンテンツなどに大規模投資(11/20)

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(11/20)

中小造船、売却・統廃合が本格化か(11/20)

ハンファ、米GEに航空機エンジン部品供給(11/20)

エスティ・ローダー、韓国の化粧品買収(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン