4大銀収入、過去7年の低水準 株主資本利益率も低調

オーストラリアの4大銀行の現金収入が過去7年間の低水準に落ち込んだことが分かった。また、株主資本利益率(ROE)は20年間ぶりの低水準で、収益性の指標となる純金利マージンは初めて2%を下回った。オーストラリアの金融市場で大きなシェア持つ4大銀が、低調な業績に終わ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:全盲のオージーの友人が…(11/13)

豪10月企業景況感、上昇もいまだ低迷続く(11/13)

政府の経済政策、財界と世論で見方に違い(11/13)

〔オセアニアン事件簿〕NSW山火事、15カ所で緊急避難勧告(11/13)

山火事拡大、保険金請求先はIAGが最大に(11/13)

豪政権、労組への違反点制度導入を画策(11/13)

豪政府機関、ノルウェー企の原油探鉱を遅延(11/13)

BHPが石油・ガス部門強化、高利益見込む(11/13)

バニングスの同業買収案、ACCCが調査(11/13)

米企の事業売却「条件違う」=オーリゾン(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン