• 印刷する

《日系進出》モスバーガー、来年ベトナムに1号店

「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは7日、ベトナムに合弁会社を設立し、2020年に1号店を出店すると発表した。6日、ベトナムで食品加工製造や外食チェーンのフランチャイジーなどを手掛ける地場ロータス・グループ傘下「Vロータス・インベストメント」(ホーチミン市)とパートナーシップ契約を締結した。ベトナム進出は同社の海外事業の10カ国目となる。

合弁会社は20年3月に設立予定で、モスフードサービスが26%、Vロータスが74%を出資する。1号店は、ホーチミン市中心部で検討中という。直営店展開で、23年度までに10店舗を出店する計画。ロータスのレ・バン・メイ社長はNNAに「1号店は6月ごろの予定」と述べ、その後はホーチミン市のほか、ハノイなどへも出店したい考えを示した。

同社は1991年の台湾出店を皮切りに、海外で計381店舗(10月末時点)を展開する。直近では、今年6月にフィリピン進出を発表し、年内にも1号店をオープンさせる予定だ。東南アジア諸国では、シンガポール(初出店:93年、店舗数:40店舗)、タイ(2007年、8店舗)、インドネシア(08年、4店舗)以来、2カ国続けての進出となる。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

開発と人材で介護市場に貢献 富士データシステム、越に展開(12/13)

ベトナムとの貿易額、1~10月は14%増(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

9人乗り以下乗用車の輸入税率、現状維持へ(12/13)

九段線表示の太陽光、電力会社が買電拒否(12/13)

石炭に代えて再生可能エネ開発を=VEPG(12/13)

ハノイ―HCM間、空港混雑で月々遅延増大(12/13)

マースク、バクニン省に物流センターを開設(12/13)

不動産の認可遅延で歳入減、HCM市が危惧(12/13)

発電機製造デンヨー、ベトナムに販社設立(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン