ファーマニアガ受注急増、新供給体制懸念で

マレーシアの医薬品卸大手ファーマニアガに対して、医薬品の注文が急増しているもようだ。病院や政府系医療機関からの発注量は通常時の約4倍に達しているという。7日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 受注増の背景には、公立病院への医薬品供給業務を独占している医薬品卸大…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:お世辞にも手続きが迅速…(12/16)

プロトン、SUVの生産開始 12億リンギで吉利車用に工場拡張(12/16)

英業達がマレーシアに新工場、20年2Q出荷(12/16)

国家自動車政策の発表は来年初頭に、貿産相(12/16)

食品卸の加藤産業、マ同業買収(12/16)

トランスコスモス、化粧品「江原道」販売(12/16)

RHB損保売却、東京海上との交渉打ち切り(12/16)

RM1=26.5円、$1=4.14RM(13日)(12/16)

製造業で4件、計54億リンギの投資承認(12/16)

地場保険会社、2カ国でインシュアテック(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン