ロヒンギャの独立調査団、バングラ訪問へ

ミャンマー西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を調査するため、ミャンマー政府が設置した独立調査委員会(ICOE)は、早ければ今月半ばにもバングラデシュに調査団を送る。ロヒンギャに対する人権侵害について現地調査を行う。イレブン電子版が6日伝えた…

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染確認なし、累計369人=14日朝(08/14)

コロナ規制、一部緩和で8月末まで延長(08/14)

対日輸出の減少幅が縮小 6月、主力の衣類軒並み回復(08/14)

車両登録料を大幅引き下げ、コロナ救済で(08/14)

コロナ基金の追加融資、700社超が申請(08/14)

集会の許可人数、30人までに緩和へ(08/14)

日本から帰国者で初の感染確認、累計369人(08/14)

コロナで6割が投資削減へ=独商工会調査(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン